裏側矯正

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)歯の表ではなく、舌のある裏側に矯正装置を装着します。普通に会話している場合には正面からは見えにくく、歯の裏側に取り付けて矯正をする治療法のため、周りの目が気にならない治療法です。構造的に歯を後ろに寄せていく力をかけやすく、前歯が出ている上顎前突(出っ歯)に有効な治療法です。
また、舌側は唾液が循環しやすい場所ですからむし歯の原因菌の活動が抑制されます。そのため、表側に比べると裏側矯正はむし歯になりにくいとされています。

裏側矯正のメリットとデメリット

メリット
  • メリット装置が目立ちにくいため、人前でも気になりません。
  • かなり幅広い症例で可能です。
  • 治療期間は基本的に表側矯正と同じです。
デメリット
  • 装置が舌に当たって当初は発音しにくくなるケースがあります。
    ※ただし、慣れることでほとんどの場合は解消していきます。
  • 特殊な装置を使い、高度な技術が必要なので、治療費は比較するとやや高額になります。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック 奏の杜さとう小児科 津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ 予防の国アーブルキッズ王国で虫歯菌をやっつけよう! 歯科タウン アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら DHマイライフ応援宣言 高野博幸公認会計士税理士事務所 Doctors File 特定非営利活動同人POIC研究会 小梅ちゃんのばいきん0歯科そうだんしつ invis align目立たない矯正装置