非抜歯と抜歯の矯正

矯正治療における抜歯・非抜歯

健康な歯をできるだけ残したい

「親知らず以外の歯を抜きたくない」「健康な歯を抜くのは痛いのでは」とお考えになるのはもっともなことです。当院では、患者様にとってのよりよいご提案にて抜歯をして矯正をするか、抜歯をしないで矯正をするかを決めています。ただし、非抜歯では理想の歯並びにできない場合もあります。そのため、治療前のご説明では、抜歯した場合と抜歯しなかった場合の歯並び、横顔を含めたフェイスラインなどをくわしくご説明し、非抜歯にした場合のデメリットがある場合にはそれをきちんとお伝えしています。

矯正歯科治療で抜歯が必要なケース

美しく、かみ合わせが整った歯並びにするためには、抜歯がどうしても必要になるケースがあります。抜歯が望ましいケースでは、歯の大きさに比べ顎が小さく、きれいに並べるためのスペースがないことが原因であることが大半を占めます。抜歯をせずに無理して歯並びを整えると口元が広がる、出っ張るなどしてせっかく歯並びが良くなってももっさりしたような口元になってしまう可能性もあります。こうした場合には、歯をきれいに並べてフェイスラインもすっきりさせるための抜歯が不可欠です。
矯正治療で抜歯をする場合、前歯から4・5番目にある小臼歯を抜くことが多くなっています。むし歯治療を受けていて歯の寿命がある程度短くなっている歯を優先して抜歯し、ダメージのない健康な歯を残していくといったことも行っています。

抜歯と非抜歯のメリット・デメリット

抜歯と非抜歯のメリット・デメリットまず、抜歯をして矯正をする場合と非抜歯での矯正とありますが、患者様や歯並びなどにより非抜歯をご希望されてもいい歯並びでの矯正ができない場合もありますので、どのようにして矯正治療をしていくのかなど最初の無料相談にてご説明させていただいております。

抜歯

メリット
  • 歯並びを理想的な形に整え、フェイスラインをすっきりきれいに整えることができます。
  • 骨格の問題で歯並びが乱れている場合も、ほとんどが外科処置なく矯正可能です。
デメリット
  • 健康な歯を抜く必要があります。

非抜歯

メリット
  • 健康な歯を失わずにすみます。
デメリット
  • 口元が前に出る突出が起こるケースがあります。
  • ヘッドギアなど、通常の装置以外での治療が必要になる場合があります。
  • 顎を拡大し過ぎてかみ合わせに問題が起こる可能性があります
  • 無理があるため、後戻りしやすい傾向があります。

非抜歯矯正の方法

非抜歯での矯正には、スペースを確保するための手法がいくつかあります。口内の状態により、必要な手法はさまざまです。ここでは主に行われている手法をご紹介しています。

奥歯を後ろに下げる

親知らずの手前にある一番奥の歯は大臼歯と呼ばれています。この大臼歯を後ろに下げられるスペースがある場合、歯列全体を後ろに下げることでスペースを確保できます。ただし、大臼歯の移動には限界があり、ある程度以上には動かせないため、全体を大きく動かさないで歯並びが整う場合に向いています。

歯列のアーチを拡大する

歯は口内でアーチ状に並んでいます。このアーチが狭い場合、それを拡大させてスペースを確保できます。ただし、大きく広げすぎると後戻りしやすい傾向がありますし、広げられる範囲も決まっています。

歯の表面をごくわずか削る

エナメル質の1/4~1/3程度を削ることでスペースを確保する手法です。毎日の丁寧なブラッシング、定期的なプロフェッショナルクリーニングやフッ素塗布などでむし歯やしみるなどのトラブルを抑え続ける必要があります。

抜歯と非抜歯矯正に関するよくある質問

他院で「抜歯する必要がある」と言われました。

当院では、幅広い矯正治療を行っており、非抜歯での矯正治療も行っています。日本矯正歯科学会認定医が口内をしっかり確認し、抜歯と非抜歯の矯正治療について、フェイスラインも含めた仕上がり、治療期間や費用、後戻りなどについてくわしくご説明しています。他院ではできないと言われた方でも、まずは当院にご相談いただき、本当に抜歯をしないといけないのかどうかを検査致しますのでまずはご相談ください。

健康な歯を抜くのはちょっと……。

健康な歯を抜くのはちょっと……。健康な歯をできるだけ抜かないことは、当院のモットーです。矯正治療ではどうしても抜歯をしないと歯並びを整えられないケースがあり、無理に並べると口元の印象がかえって悪くなる可能性もあります。ただし、歯科矯正用アンカースクリュー(矯正インプラントなど、親知らず以外の健康な歯をできるだけ抜かずにきれいに矯正できる可能性の治療法やマウスピースを使った矯正法もございます。さまざまなご提案が可能のため、1度ご相談ください。

抜歯がどうしても必要なケースの条件は何ですか?

歯の大きさに比べて顎が小さいと、歯をきれいに並べるスペースがないわけですから、きれいな歯並びに整えることはできません。そのため、すっきりしたフェイスラインを保ちながら歯並びを整えるためには、どうしても抜歯が必要になるケースがあります。

どんな歯並びでも非抜歯は可能ですか?

非抜歯矯正ではきれいに治せない歯並びがあることが事実です。抜歯と非抜歯には口内の状態によってメリットとデメリットが違ってきますし、フェイスラインへの影響も大きく変わります。当院では経験豊富な日本矯正歯科学会認定医が口内を確認させていただいた上で、さまざまな選択肢について適切なご提案を行っています。

抜歯と非抜歯で、矯正治療中の痛みに違いがありますか?

非抜歯だから痛みが強いということはなく、抜歯と非抜歯は痛みという点でほとんど同じです。ただし、抜歯を行わない場合には、その分のお身体やお気持ちへのご負担が軽減される可能性があります。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック 奏の杜さとう小児科 津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ 予防の国アーブルキッズ王国で虫歯菌をやっつけよう! 歯科タウン アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら DHマイライフ応援宣言 高野博幸公認会計士税理士事務所 Doctors File 特定非営利活動同人POIC研究会 小梅ちゃんのばいきん0歯科そうだんしつ invis align目立たない矯正装置