費用

歯科治療では医療費控除が適用されるケースも!

歯科治療では医療費控除が適用されるケースも!医療費控除とは、本人または本人と生計をともにしている配偶者、家族の医療費を1年間に10万円以上支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けられるしくみのことです。
確定申告の際に申告をおこなうことで、税金の還付が受けられたり、軽減されたりします。
控除額は、申告者の所得金額によって異なります。
またもし申告し忘れても、過去5年まではさかのぼって控除を受けることが可能です。
歯科治療においては、保険が適用されない矯正治療費も控除の対象になります。
申告には領収書が必要になりますので、大切に保管するようにしましょう。

医療費控除の受け方

確定申告が必要ない方 会社員など勤務先以外での所得がない方の場合、確定申告の期間に「給与所得者の還付金申込書」および「医療費控除の内訳書」に必要事項を記入し、医療費の領収書を添えて申告します。
確定進行が必要な方 確定進行が必要な方 個人事業主など確定申告が必要な方の場合、「確定申告書」に医療費控除額を記入し、「医療費控除の内訳書」および領収書を添えて申告します。

※くわしくは、最寄りの税務署にお問い合わせください。

医療費控除の注意事項

申告できる医療費は、その年に実際に支払った医療費の合計額です。
申告できる医療費は、保険金などで補てんされた額を差し引いたものになります。
医療費控除は、家族全員の支払額を合計して申告することが可能です。
当院だけでなく、他の医療機関、また薬局などで購入した医薬品代も合算できます。
当院が発行する領収書は、再発行できません。紛失にご注意ください。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック 奏の杜さとう小児科 津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ 予防の国アーブルキッズ王国で虫歯菌をやっつけよう! 歯科タウン アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら DHマイライフ応援宣言 高野博幸公認会計士税理士事務所 Doctors File 特定非営利活動同人POIC研究会 小梅ちゃんのばいきん0歯科そうだんしつ invis align目立たない矯正装置