小児矯正の取り組み

スタートのタイミングが重要な小児矯正

子どもの矯正治療で重要なのは、最適なタイミングを見極めて治療をスタートさせることで、これにより理想的な治療が可能になります。そして、お子さまの歯並びなどにより、最適なタイミングにはかなり幅があります。まだ永久歯が生えていない時期でもアドバイスをさしあげることができますので、少しでも気になるようでしたら年齢を気にせず早めにご相談ください。

小児矯正のメリット

何歳になっても矯正治療で歯並びを整えることはできますが、子どもの頃にはじめると成長を上手にコントロールできるため、たくさんのメリットがあります。一般的に9歳頃までにスタートさせることでそのメリットを治療に活かせますが、状態によってはもっと早い段階で治療をスタートさせると、より楽で自然にきれいな歯並びが実現するように導くことができるケースもあります。そのため、ご相談はできるだけ早い段階でいらしてください。

顎の成長をコントロールできます

歯並びの乱れは、歯の大きさに比べて顎が小さく、きれいに生えてくるスペースが足りないことで起こっているケースが多くなっています。子どもは成長過程にありますから、顎の成長をコントロールすることができ、きれいに歯が並ぶだけのスペースを作ることができます。顎を広げるといってもフェイスラインに影響が出ることはないのでご安心ください。顎の拡大と形のコントロールは年齢が上がるにつれて難しくなり、遅くとも9歳までにスタートさせる必要があります。歯並びによっては5歳以下のスタートが望ましいケースもあります。

歯が動きやすい時期です

子どもの骨は柔軟性があるため、歯槽骨に支えられた歯が動きやすく、スムーズな治療が可能であり、痛みが軽減されます。

適応能力が高いので早く慣れます

口内はデリケートな感覚を持っていますし、矯正装置は異物です。大人は口内に装置があると慣れるまでに時間がかかりますが、子どもは適応能力が高いので、早く慣れてしまう傾向があります。また、治療で整ったかみ合わせにも早く適応し、歯や歯ぐき、筋肉の正しい成長につながります。

抜歯の可能性が低くなります

永久歯がきれいに並ぶスペースを作れるため、矯正治療で抜歯が必要になる可能性を低くできます。大人になってからでは外科手術が必要になると予想される場合も、ゆがみの少ないうちに正しい成長へと導くことで手術を避けられる可能性を高めます。

子どもの矯正が必要な理由について

子どもの矯正が必要な理由について歯並びが悪いと歯ブラシなどによる手入れが行き届かず、むし歯や歯周病リスクが上昇します。また、歯並びの乱れによりかみ合わせが悪いとしっかり噛むことができず、全身の健康にも悪影響を及ぼします。見た目の問題でも、消極的になってしまう、コンプレックスになるなど心の成長にも関わってきます。

子どもの不正咬合(悪い歯並びやかみ合わせ)は、遺伝的要素に加え、食習慣なども大きく関わっています。近年はやわらかい食べ物が好まれるため、噛む回数が減って顎の成長が不足し、小さな顎に大きな歯が生えてきれいに並びきれなくなって歯並びやかみ合わせが乱れてしまうケースがとても多くなっています。

また、歯は矯正治療が可能なことからもわかるように、力がかかり続けると動きます。そのため、指しゃぶりや頬杖、口呼吸、舌を普段置いている場所など、無意識に行っている癖や習慣によって歯並びが乱れることもよくあります。

子どもの矯正は、永久歯が生えてくる前にきれいに並ぶだけのスペースを作っておく予防的な治療です。当院では、顎の成長コントロールだけでなく、食習慣や悪い癖の改善、正しい歯磨きの習得と習慣付けも含めた総合的な小児矯正治療を行っています。

小児矯正の内容

子どものうちに最適なタイミングで小児矯正治療を受けると、顎の成長をコントロールできるため、理想的な歯並びをより楽に実現できます。

小児矯正は、悪習慣を改善して顎を拡大する第1期、歯を動かす第2期があります。第1期の床矯正では、プレートという器具を装着して顎を拡大させて永久歯が無理なく並ぶスペースを作ります。エラが張るなどフェイスラインに影響するほど拡大させることはなく、きれいな輪郭になるよう調整していきます。この第1期治療だけできれいに整った永久歯の歯並びになるケースもあり、その場合は第2期の治療を受ける必要はありません。また、第1期の治療を受けることで、第2期の治療を楽に、短期間で受けられる可能性が高くなります。特に、抜歯が必要になる可能性を軽減できることは大きなメリットです。

幼いうちに最適なタイミングで小児矯正治療を受けることは、お子さまの心身の健全な成長に大きく役立ちます。

あいうべ体操

あいうべ体操で理想的な舌の位置をキープ

あいうべ体操で理想的な舌の位置をキープ口を閉じた時に舌が置かれている位置には、理想的な場所があります。舌の理想的な位置は、上顎に舌がぴったりと付いている状態です。舌先が前歯に当たる、舌を出した時に両側に歯の形が残っている場合、舌の位置が低くなっています。違う場所に舌が置かれることが多いと、力がかかるべきではない部分が絶えず圧迫されることになり、歯並びが乱れます。
あいうべ体操は、理想的な場所に舌を置けるように導くものです。あいうべ体操を行って、無意識の状態でも舌が正しい位置をキープできるようにしていきましょう。

  • 大きく口を開けて「あ」
  • 口を横に大きく広げて「い」
  • 口を思いきりすぼめて「う」
  • 舌をできるだけ出して「べ」

この「あ・い・う・べ」を1日に30回ほど行うと効果が見込めます。声を出さずに行っても大丈夫です。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック 奏の杜さとう小児科 津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ 予防の国アーブルキッズ王国で虫歯菌をやっつけよう! 歯科タウン アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら DHマイライフ応援宣言 高野博幸公認会計士税理士事務所 Doctors File 特定非営利活動同人POIC研究会 小梅ちゃんのばいきん0歯科そうだんしつ invis align目立たない矯正装置