小児矯正治療の流れ

小児矯正治療の進め方

Step1無料相談

無料相談当院では矯正治療の専門的な研鑽を重ねてきた日本矯正歯科学会認定医が無料相談を受けています。歯並びに関するお悩みや症状などについてお話いただき、口内を確認した上で治療スタートのベストなタイミング、可能な矯正治療について、メリットやデメリット、期間や費用などをくわしくご説明しています。状態によって歯できるだけ早く小児矯正をスタートさせることが望ましい場合もあります。永久歯がまだ生えていない段階でもアドバイスができますので、早めにご相談いただくことをおすすめしています。なお、無料相談はご検討の参考にしていただくものですから、お気軽にいらしてください。

Step2精密検査と診断

問診、レントゲン等の撮影、かみ合わせチェック、模型を作るための歯型採取、顔と口内の写真撮影など、歯並びやかみ合わせの状態を詳細に検査します。この検査結果をもとに診断し、矯正治療計画を作成します。

Step3治療計画作成とコンサルテーション

治療計画作成とコンサルテーション診断結果とご希望に添った内容の可能な矯正治療についてくわしくご説明します。メリットやデメリット、期間や費用、メンテナンスなどについてくわしくお伝えした上で、ご同意いただいたら治療がスタートとなります。

Step4治療準備

むし歯など、口内にトラブルがある場合には、その治療をまず行います。また、ブラッシング指導や仕上げ磨きのコツなど、適切なホームケアができるよう丁寧にご指導します。その後、プロフェッショナルクリーニングで口内をすみずみまできれいにします。

Step5動的矯正治療 第1期治療

永久歯がきれいに生えてくる顎のスペースが不足している場合には、装置を取り付けてスペースを広げます。また顎の位置がずれている場合には、正しい位置に戻します。舌の位置や指しゃぶり、頬杖、口呼吸など、歯並びに悪影響を与える習慣や癖がある場合には、その改善も行っていきます。この第1期治療だけで永久歯の歯並びがきれいに整うこともあります。

Step6定期検診と第2期治療の検討

第1期治療で顎の成長をコントロールできたら、いったん治療は終了して、永久歯が生えてくる様子を定期的にチェックしてその後の矯正治療が必要かどうかを判断します。
第2期治療が必要になった場合には、あらためて精密検査と診断、治療計画作成とコンサルテーション、治療準備を行って、ご希望に添った矯正治療を行っていきます。

Step7動的矯正治療 第2期治療

動的矯正治療 第2期治療歯の表面にブラケットという装置を付けてワイヤーを通し、歯を少しずつ動かします。定期的にワイヤーを調整することできれいに歯並びが整って、しっかり噛めるようになる理想の位置に近付けていきます。当院では目立たないブラケットやワイヤーを使った矯正の他、ティーン向けに特化した透明で薄いマウスピース型の10代の方を対象にしたカスタムメイド型マスピース矯正(インビザライン・ティーン)による治療も可能です。

Step8保定

矯正治療で動かした歯はそのままでは元に戻ってしまいます。それを防ぐために、理想の位置に歯が動いたら、リテーナーという装置を使って位置を固定させます。

Step9ゴール

歯並びがきれいになってかみ合わせも整い、よく噛めるようになって歯の位置が固定されたら矯正治療は終了です。

Step10メンテナンス

メンテナンス定期的に検診を受け、整った歯並びと正しいかみ合わせをキープしていきます。

提携しているお医者さん

尾高内科・胃腸クリニック 奏の杜さとう小児科 津田沼すぎむらクリニック
アーブル歯科オフィシャルブログ 予防の国アーブルキッズ王国で虫歯菌をやっつけよう! 歯科タウン アーブル歯科クリニックの旧ブログはこちら DHマイライフ応援宣言 高野博幸公認会計士税理士事務所 Doctors File 特定非営利活動同人POIC研究会 小梅ちゃんのばいきん0歯科そうだんしつ invis align目立たない矯正装置